脱毛サロンの代表的な脱毛器4つ

こんにちは、エリです。脱毛サロンで光脱毛をしようと思うのですが、光脱毛にもいくつか種類があるんですね。代表的な脱毛器(脱毛マシン)は4つです。

・IPL脱毛(代表的な脱毛サロン:銀座カラー、シースリー)

IPLとはインテンス・パルス・ライトと呼ばれる方式で、黒いメラニン色素のみに反応する性質を生かして毛根に熱ダメージを与え脱毛するやり方です。剛毛や産毛にも効果を発揮する万能な機械で、特にメラニン色素が濃いVIOには高い脱毛効果を期待できます。

・S.S.C脱毛(代表的な脱毛サロン:脱毛ラボ、ミュゼプラチナム)

S.S.CはSmooth Skin Controlの略で、イタリアのDEKA社が開発した脱毛システムのことです。こちらも毛乳頭に作用する光を使うのは同じですが、毛の成長を抑制する成分が入ったジェルを塗り、その上から光を当てて、ジェルとの相乗効果で、抑毛するのが、IPLとの大きな違いです。ジェルの中に、抑毛効果があるという成分「フィニリーブ」の入った「トレジャービーンズ」と名付けられたカプセルが入っていて、それに光が作用してカプセルの膜がやぶれて、有効成分が毛穴に浸透していくそうです。

・SHR脱毛(代表的な脱毛サロン:ストラッシュ)

毛穴の内側にある毛包と呼ばれる部分にあり、発毛の元となる物質でもある発毛因子が作られるバルジという部分に熱をあてます。そうしてバルジに蓄熱された熱により、発毛因子がダメージを受け、発毛を抑制するのです。

・ハイパースキン脱毛(代表的な脱毛サロン:ディオーネ、フルーア)

ハイパースキン脱毛は、「安心・安全・痛くない」脱毛法で、ハイスピード無痛脱毛とも呼ばれています。ハイパースキン脱毛法は、これまでの脱毛法のように毛根を高熱で焼くのではなく、3~4週間に1回、その時お肌にある「毛の種」に38度というお肌とほぼ同じ温かさの特殊な光を当てて、発毛そのものを予防する新しい脱毛法です。その為、痛くない 肌ダメージがほとんどない脱毛なのです。

脱毛サロンの脱毛器(脱毛マシン)のことをもっと詳しく知りたい方はこちらが参考になると思いますよ。
脱毛サロンで使われてる脱毛器はなに?